[one_half last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

001

[/one_half][one_half last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

師恩・写真集6です。

今回で最後となります。

[/one_half][separator style_type=”shadow” top_margin=”” bottom_margin=”” sep_color=”” border_size=”” icon=”” icon_circle=”” icon_circle_color=”” width=”” alignment=”center” class=”” id=””][one_half last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][/one_half][one_half last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

 

山口五郎先生はご存じの通り国内では数々の賞に輝き、また海外での尺八ブームのきっかけを作ったお一人としてその功績は大だと思われます。古典の演奏家として評価が高かったわけですが、実はご自身のリサイタルでは前衛的な作品も演奏されました。

 

1967年にはアメリカ・ウエスリアン大学の客員教授として指導され、その教え子(皆さん既にかなりな年齢ですが(^^;)も多く育っています。

 

特筆すべきは、惑星探査機「ボイジャーⅡ」に日本の音の代表として「巣鶴鈴慕」の演奏が搭載されたことでしょう。

 

1998年には世界中から多くの尺八演奏家、愛好家達が集い、アメリカコロラド州ボルダーで世界尺八フェスティバルが開催されました。日本からもマエストロ達が招待され、その名人芸を披露しました。

 

デンバーでのマエストロ達によるフェスティバル最終コンサート、タバコを吸ってリラックスしている楽屋での一コマの師の姿からは、この約半年後に幽冥に旅立ってしまうとは想像も出来ませんでした。

 

 

最後の写真は山口四郎先生がお亡くなりになる約半年前のものです。

 

 

 

[/one_half]