徳丸十盟~インド尺八巡礼~、ひきつづきバンガロール編です!

日本からデリー → バンガロールまで。

 

尺八・T → 出発前のかなりハードなスケジュールで体調が悪く、インド巡演で一番心配

されたお腹の調子も、悪い状態のまま日本から引きずって持ってきてしまい、

インドに来て悪くなったのかいつも通り悪いのか分からなくなり、かえって開き

直り、どうにでもなれ!と、元気に毎日カレーにチャレンジする。

尺八・S → 船旅での海外演奏も豊富なはず。しかし、英語は全くダメ(笑)。おまけにかな

り潔癖性だということが判明!ガンジーのお墓では裸足にならなければならず、

ためらいがちに裸足になったものの、お参り終わって靴を履くときに「ウエットティ

シュ」で足を拭いたのを見たときには、先が思いやられました・・・(苦笑)。

だって、ヒンズーのお寺では必ず裸足になるわけで・・・。

箏・I   → 出発前に、女性陣にはインドはかなり過酷な旅になる、と言い聞かせていたの

で、そうとうな覚悟で望んだはずの箏・I。

いざデリーの空港に着くと、あらぁ・・・!?こんなはずじゃない!と10数年前と

比べ別世界になってる!と僕が思うほどに綺麗になっていて、ふと横を見ると、

とってもウキウキ・ワクワク状態の様子の箏・Iが・・・。

こんなことでこれから大丈夫かぁ・・・??と不安がつのり。。。

箏・O     → 日本でもインドでも、たぶん火星でも土星でも、ぽやぁ~として、その場に順応

しているのかそれともビビッているのかさっぱりわからず、それはそれなりに

返って気を遣わないでいいか?という安心感を僕に持たせた箏・O。

実は、この箏・Iと箏・Oが一番心配された二人でしたが・・・。

尺八・A → 初めての海外!おまけに飛行機に乗ったのも数回しかない!インドに行くのに

コレラだかの予防接種を射ったという強者!

まぁ、若いから順応も早いだろうと思ったのが大間違い! 一番安心していた

尺八・Aが一番はじめにお腹の調子を悪くしてダウン。今回唯一「酒が飲める」

彼女、デリーでの最初の打ち上げでハメをはずして飲み過ぎたシャンパンがい

けなかったのか、はたまたカレーか、それとも水か、とにかく早期ダウンに先が

思いやられる、師匠泣かせの尺八・Aでした。。。

 

予想外、想定外が続き、いささか驚きつつも、インドの旅はまだまだ続くのでした。。。(汗)

 

バンガロールでの写真はこれ ↓ お楽しみください!!

 

徳丸十盟~インド尺八巡礼~ <バンガロール編>