NHKのイメージキャラクター(?)の「どーもくん」。

 

101024-1.jpg

実は元祖どーもくんがいたのです!

 

それは、私の師匠・山口五郎

 

元来、口が重い師匠(失礼!)、初対面や挨拶の時にそのボキャブラリーの

少なさから(失礼!)相手に対して、いつもいつも「どーも」で済ませていました。

いつでも誰にでも(失礼!)「あっ、どーも」「ど~~も」と連発。

学生の頃はよく「どーも」「どぉ~も」と物真似をしたものです(失礼!)。

 

あの「どーも」を聞くことが出来なくなって久しく、寂しさを感じていたこの頃、

たまたまNHKの番組を見ていたときに「どーもくん」が「どーも」を連発していたので、

想い出した次第です。

 

師匠、どーもスイマセン。