お弟子さんから、そうめんをもらいました。

「揖保の糸」や「三輪そうめん」は有名ですが、九州島原の「眉山の絹糸」。

そうめんって関西のものかと思ったら、そうではないんですね。

揖保や三輪に比べてちょっと太い感じがしますが、それがちょうど良い食感で、美味い。

食欲減退のこれからの暑い季節、そうめんは美味くて大好きです!

 

ところで、

実は僕、そうめん大嫌い、だったんです。

というのは、僕の子供の頃はまだ下水道が完備されてなく、生活用水が家の目の前の

小さなどぶ川から大きめのどぶ川へと流れ込んでいたわけです。

 

台所で洗剤を使えばどぶ川に泡が浮き、食べかすが流れ、各家の生活に直結していたわけです。

そのどぶ川に必ずといっていいほど浮かび流れていたのが、そうめん

それから縮れたインスタントラーメン、そしてだるだるに太ったスパゲッティ。

ふと見ると何故か必ず一、二本、気持ちよさそうに流れに身をゆだねて090528.jpgいるわけです。

ラーメンもパスタも大好きなのに、

そうめんだけ何故?

そうなんです!

そうめんはいつでも水の中でゆらゆらと気持ちよさそうなんです。

それをすくい上げて食べるわけです。

それが原因なんです。

 

 

その記憶があるので、どうもそうめんが好きになれなかった。

子供の時の記憶って大切ですね。

 

あとがき:

どぶ川がめんつゆみたいで、大葉やミョウガの薬味でも浮いていればまた違ったのかも。。。?

んな、ばかな!