最近よくコメントをくれる「光の君」。

芸大時代の後輩なんですが、彼にまつわるものすごいエピソード。

 

「芸術祭」と称する芸大の学園祭。

さまざまな演奏会が催されるなか、毎年恒例の邦楽科としての演奏会があり、

いつのことだったか忘れましたが、その中に我ら尺八専攻も出曲。

 

ソロが4人と演奏群10数名が、シンセサイザーから流れるBGMに合わせて演奏するという、

当時では非常に斬新な曲。

そのソロの中の一人に「光の君」がいたわけです。

僕はそのころ学生ではなく、助手という身分でしたので演奏には参加せず、ミキサーを前に

尺八やBGMの音量の調節などをして学生の演奏の統括をしていました。

 

さて本番。

ソロ4人にはピンマイクを仕掛け、尺八の音がシンセサイザーの音量に負けないよう、

かなりマイクレベルを上げていました。

その中でも、ひときわデカイ音を出している「光の君」、さすが・・・!

 

結果は上々。素晴らしい演奏でした。

 

さて、演奏が終わって、

 

徳:「みんな、いい演奏だったよ!かっこよかった!」

尺:「・・・ワイワイ・・・!・・・がやがや・・・!」

光:「先輩!聞いてくださいよぉ。オレのピンマイク取れちゃってたんですよぉ!」

徳:「えええっ・・・!(驚汗!!)」

 

そぉーなんです!

「光の君」、《マイク無し》で《マイク有り》の他の人よりデカイ音出してたんです!

すごい・・・、びっくり・・・、怪物・・・!

 

「光の君」、とにかく音がデカイ!!

しかも、音がデカイだけじゃなく、繊細な技術も的確!!

 

昔話をするとオヤジくさく思われますが、芸大尺八専攻、昔はすごいヤツらがごろごろ居ました。

みんなが切磋琢磨、先輩後輩無く、尊敬しあえる、そんな雰囲気でしたが・・・。

 

「光の君」は、間違いなく尊敬できる後輩の一人です。

 

しかしながら、尺八を離れると、バカなこともいっぱいやりました!

以前にも書いたこのぶろぐ

彼の正体はこれです!(光の君ごめん。)

 

「光の君」のサイトもご贔屓に、よろしくお願いします!

(かなり刺激的なサイトですので・・・笑)