携帯からの投稿でもご紹介しましたが、先日の大分での諸々のご報告。

別府温泉、地獄めぐりの一つ「血の池地獄」。

090304-01.jpg

すごい!といえば、なるほどそうだが・・・。

 

 

そして長年の念願叶って「臼杵石仏」。

なぜか興味があって一度は訪れたいと思っていましたが、よほどのことがないかぎり

距離的にも無理だと考えていたところ、幸運にも大分にお稽古に通うようになり、

実現できたわけです。

 

090304-03.jpg

雨の中、入り口を登っていきます。

 

090304-05.jpg

 

いきなり現れる「阿弥陀三尊像」。

凛とした表情、しかし横からのやさしい姿に思わず合掌です。

 

 

 

 

 

 

090304-16.jpg

「九品の阿弥陀像」

 

 

 

090304-09.jpg

遠景。梅がきれいに雨に濡れて。

 

 

090304-17.jpg

「如来三尊像」

 

 

090304-19.jpg

両脇の同じく「如来三尊像」と「地蔵十王像」

 

 

090304-20.jpg

「山王山石仏」

素朴な印象の仏像でした。

 

 

090304-11.jpg

有名な、「古園石仏」

 

090304-13.jpg

まろやかな表情の「大日如来像」。

雨の中、誰もいない石仏の前で、しばし時を過ごし。

 

 

090304-07.jpg

石仏を望む遠景。

 

千年もの時を経た仏像に対峙するとき、自分の心の内を全て見透かされるような

ある種「恐怖」に似た感覚を憶えます。

時を経たということは、厚く、重く、尊いと思います。

石仏との出会いに、それを実現させてくれた目に見えない力に、感謝の一言です。