マチネの終わりに

平野啓一郎著「マチネの終わりに」を読んだ。 […]