なんだか忙しくて、一週間ぶりのぶろぐです。
モスクワ編なのですが、珍道中を書いているとそれこそ時間がいくらあっても足りず、ということになりそうなので、今回は「モスクワ音楽院」のご紹介。
>>>>>>>>>>>>>>>>>
日本でもコンクールなどで有名な「モスクワ音楽院」。
正式名称は「チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院」だそうです。
ここ↓にそう書いてあるわけです。(多分)
071125-002.jpg 071125-003.jpg
こちら↑が正門?                   モスクワ
じゃないな、ここから入ったら          コンセルヴァトーリア
大ホールだったから。              と何となく読めるでしょう?
大ホール入り口かな。
071125-001.jpg 071125-004.jpg
今回のコンサートのポスター。       チャイコフスキー像。
真ん中辺、二段目に             あいにく工事中でした。
「トキーマピー」とローマ字読みで
読めそうなのが「徳丸十盟」と
書いてあるらしい。
でも「トキマピ」はないだろう…!
071125-134.jpg 071125-136.jpg
今回の演奏ホール。ラフマニノフホールです。
数年前に訪れたときもここで演奏しました。
音響が抜群!といってもやはり洋楽ホール。
邦楽には残響が大きすぎる感が。。。
071125-038.jpg 071125-133.jpg
尺八はとっても気持ちよく演奏できます。
例えれば、
お風呂で酔っぱらいおやじが唄って気持ちよくなるような感じ、のホール。
(おっと失言。失礼しました。それぐらい残響があって素晴らしいと解釈してください。)
屏風もお借りして、準備万端。
071125-139.jpg 071125-140.jpg
お客様もほぼ満席でした。
西洋の考え方は、ホールも楽器の一部と考えその響き全体を楽しもうとするものだと思います。
(これも多分)
邦楽の場合、コンサートホールというものが存在しなかったわけで、楽器自体の響きや音色を特に重要視してきた、と思うのです。(西洋の楽器が音色を重要視してなかったということではなく…。 文章は難しい…)
なので、あまり響きすぎると楽器自体の持つ「余韻」をかえって損ねちゃうような。。。
うう~~む、あまり書くとどんどん墓穴を掘ってしまうようで・・・
どちらがいい悪いではなく、考え方・文化の違いということを言いたいわけで。
ご理解いただけたでしょうか??
071125-162.jpg
ここがコンクールで有名な大ホール。
さすが風格ある堂々としたホール。
ここで演奏してみたいなぁ。
071125-127.jpg
ところで、私たち一行はモスクワではこの音楽院の寮(ゲストハウス)に宿泊したわけです。
まぁ、楽しいと言えば楽しい、不便といえば不便、こんなモンだと思えばこんなモンだ。
シャワーは1時間程流しっぱなしにしないとお湯が出てこない、しかもぬるい。
朝・夜シャワーの僕、これにはマイった。
えっ?じゃぁ、なんでホテルに泊まらなかったって?
・・・・・・・?
次回はモスクワ観光編です。
つづく。