いやぁ~、歌舞伎の世界、しきたりいっぱいでかなり大変です。
仕事ですから、本番中に写真を撮るなんて不謹慎なことは。。。
もちろん真剣に演奏してますけど、演奏の待ち時間が多いので、写真取りたいぞ、っと。
ということで、隠し撮り!!
でも、まったく失敗ですねぇ。。。
071009.jpg
舞台上手の御簾の中で、こんな状態で演奏してます。僕は最後尾、椅子で演奏ですのでこんな隠し撮りも出来るわけで。
演奏者の先に見えているのは、菊五郎・菊之助親子の舞踊の場面です。
とっても綺麗!客席で見てみたい!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ところで。
ここのところ、東京←→名古屋を行ったり来たりしているわけですが、一昨日は「藤井昭子」さんのリサイタルの助演。東京の紀尾井ホールでした。
満員のお客さん、さすが昭子ちゃん!(と僕はこう呼んでいます)、やっぱり人気がある!!
プログラムの圧巻は「八重衣」。
佐藤親貴先生と川瀬白秋先生との演奏。
071017-2.jpg
佐藤先生、御歳93才!!!
繊細で綺麗なお箏の音色、かくしゃくとしたお姿、未だ衰えず、ただただ感服いたします。
想えば、佐藤先生の数々の名演奏を拝聴しましたが、強烈な印象は藤井久仁江先生のリサイタルでの「融」。山口五郎の尺八で「融」の名演ここにあり!というものでした。その録音は僕のバイブルとなっています。
この写真はリハーサルのものですが、昭子ちゃんの姿が久仁江先生とだぶって、想い出につい涙が流れてしまい。。。
本番はハプニングがありましたが、昭子ちゃん!何よりも佐藤先生と演奏を実現したこと、これに意味があります。素晴らしかった!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて。
自分の演奏もまぁまあぁの出来。軽い打ち上げ後、気持ちよく、JR四谷から電車に乗って帰路。
ラッキー!!座れました。軽い疲れと酔いでいい気持ち~。
秋葉原だ、結構乗ってくるなぁ、なんて思ってふと僕の前に立った男の人を何気なく見ると、
ぎょっ!!!
この男の肩から斜めがけにしているショルダーバッグにビデオが仕掛けてある!!!
071017-4.jpg
この男、きょろきょろと辺りを物色しているぞ。
これはまずい。レンズが丸見えだよ。ばれちゃう。
おもわずそっと知らせてやろうと思ったんですが、
ん??待てよ??
この男いわゆる「隠し撮り」「盗撮」をしようとしているわけだよなぁ・・・?
これって犯罪だよなぁ・・・?
親切にレンズを隠すように注意したら、僕も犯罪に荷担したことになるよなぁ・・・?
そうだ!ならば周りの女性(が狙いでしょう、多分)に知らせてあげるべきなんだ!
と思い、男のそばに立っている女性の目を片っ端から見つめて、目で知らせてあげようと。
しかし、なかなか女性達、目を合わせてくれません。皆さんシャイだなぁ・・・。
んっ??おっ??
よく考えると、そんなことしてきょろきょろ女性を見回している僕の方が危険人物に見られてるわけだ!!
恥ずかしくなって下を向いているうちに駅に着き、そそくさと降りる僕がそこにはいたわけです。
隠し撮り男はその後、電車に乗り続けていました。
そこで一句。
隠し撮り してもされても 嫌な気分 (字余り)
とほほほ。