もう10年も前になるだろうか…
夏の暑い盛りです。
山口先生宅で稽古を終え、ちょっとお腹がすいたので近くにある蕎麦屋へ。
客は僕一人。
(うぅ~ん、何にしようか…)
しばらく迷っていると、落語そのまま「のれんを頭で割って入ってくるような」おっさんが飛び込んできました。
テーブルの椅子、正面向いて座りません。わざと斜めに座って、誰にいうともなく大声で、
「今日は暑いよなぁ~!」
(はい。お暑うございます。)
「そうだなぁ、今日はあれにするわ。」
(あれ、といわれても…?)
「冷たいやつ出来るよなぁ、ええぇ? むじなの冷たいやつ。あれもってきてくれぃ。」
む・じ・な??? なんじゃそりゃ???)
そのおっさん、それで注文終わり。
自分が注文したものより、「むじな」がはたして何なのか、気になって気になって…

しばらくして。
おおお!!出てきた出てきた!!
正解は「たぬき」でした!
「たぬき」を「むじな」かぁ、かっくいいいっ!!!
それ以来、僕もいっぺんやってやろうと思っていますが、いまだにそんな「通」ぶったこと出来ずにいます
でも、出来たらかっこいいだろうなぁ…
と思いつつ、そうだ! 出来るのがある!

「牛の並、つゆだくで!!
お新香付けて!!」