察するに余り有る

「お地蔵さま」のぶろぐを書いた、その直後に、ある方より訃報のメールをいただき。 […]