こころ【心】
人間の理性・知識・感情・意志などの働きのもとになるもの。また、働きそのものをひっくるめていう。精神。心情。「―の豊かな人」「―に浮かぶ思い」「―と―の触れ合い」「―を痛める」「―の晴れる時もない」
偽りや飾りのない本当の気持ち。本心。「―が顔に現れる」「―から感謝する」「―にもないほめ言葉」「口と―の違う人」
②身についた感じ方や考え方の傾向。性分。性根。「生まれついての―は変わらない」「ねじけた―」「―を入れ替える」
③物事について考え、判断する働き。考え。思慮。分別。「―を決めたら迷わず進む」「会社再建に―を砕く」
他人の状況を察していたわる気持ち。思いやり。情け。人情味。「―のこもった贈り物」「―をこめて編んだセーター」
⑤あることをしようとする気持ち。意志。「やるしかないと―を決める」「行こうという―が起こらない」
⑥物事に対する関心や興味。「遊びに―を奪われる」
⑦自分と異なるものを認め受け入れる余裕。度量。「広い―の持ち主」「―の狭い人」
⑧物事の美しさやおもしろさのわかる感覚。風流心。「詩の―にふれる」「美を求める―」
⑨覚えていること。記憶。「―に深く刻まれた痛み」「―に残る名演技」
⑩気をつけること。注意。留意。「―が行き届く」「隅々にまで―を配る」