もうずいぶん前のことになりますが、ぎっくり腰の話。
文化庁主催の「三曲」という演奏会に先生が推薦してくださって出演することに。
毎年行われるシリーズで、その何回目だったかは忘れましたが、イイノホールで。
僕の先輩方ばかり、尺八8管のみの曲。
ちょいと緊張。
当日、楽屋入りの時間に遅れそうで、ハアハアいいながらあわててかけ込みました。
イイノホールの二階の楽屋、着物のバッグを持って、何とか間に合った。
あら?まだ誰も来てないじゃん?良かったぁ。
と思ったら一人。
いっけねぇぇー!と、思いつつ挨拶しなきゃ。
バッグを置き、失礼ながら立ったまま挨拶。
「おはようございます。」
お?? あら??
ぐぎっっっ!!
そのまま、倒れ伏した僕でした。
そうです!ぐぎっと、ぎっくり腰です。