酒でカテゴリーをつくった割に何も書いてませんねぇ。
なので、ひとつ。
親が寛大だったのか、小学校のころから飲んでました。
といっても毎日というわけでなく、お正月限定。(あたりまえか。)
「赤玉ポートワイン」ってやつ。
甘ーーーーっくて美味しかったぁ。
小学校の3年生頃からですね、飲み始めたの。
おちょこに一杯。それでも多すぎて酔っぱらっちゃうんですね。
それがまた何とも気持ちがいい。
ふわぁーーーっと、気分良く眠くなる。
年々お正月が楽しみに。
「赤玉ポートワイン」の大きさも、最初はワインボトルぐらいのやつだったのが、年々大きくなって(って僕のために大きさを大きくしていった親も大したものだと思いますが。)最後には特大のボトル。
いやはや、子供のくせによく飲んだなぁ、と。
いつしか甘すぎて飲めなくなりましたが、今でも甘口のワインを口にするとその記憶がよみがえります。
061024-2.jpg
↑このポスター、どこかで見た記憶はありますが、タイムリーに見たかどうかは。。。